安全に利用をする | 人気の海外プリペイドカード【ユーザーのマネー利用】

安全に利用をする

家の模型と図面

法改正から見る今後とは

2010年に貸金業法が改正され、貸金業者のカードローンが今までよりも安全に利用できるようになったと同時に利用に一定の規制がかかりました。 その規制内容を総量規制と言い、消費者の年収の3分の1を超える貸付を禁止としています。つまり、年収が300万円の方なら100万円まで、年収600万円の方なら200万円までしかカードローン利用できないということです。 これは多重債務者を生まない目的で制定され、現に総量規制執行以降は多重債務者が減少傾向にあります。しかし、その反面では利用制限が厳しいということで闇金に利用者が流れてしまうのではという懸念もあります。 そこで、また今後は規制内容の改正が行われるかもしれません。

悪質業者に注意しよう

カードローンを利用する上で注意したいのは闇金業者の存在です。 闇金業者は法律に従わない貸金業者のことで、一度利用してしまうと高利貸しにより返済に追われることになります。違法業者なので法律上は契約自体を無効にできるのですが、相手は悪質取り立てのプロですので簡単にはいきません。多くのケースで弁護士や警察の介入が必要になってくるでしょう。 闇金業者を見極めること自体は難しくありません。例えば、会社の住所不特定、連絡先が携帯電話番号のみ、ダイレクトメールでの融資勧誘、さらに「ブラックリストでも融資可能・超低金利・審査なし」など甘い誘い文句があります。よって、見分けるのは簡単です。 安全に借り入れをするために、カードローンを利用するときには正規の貸金業者を活用してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加