借り入れを行なう | 人気の海外プリペイドカード【ユーザーのマネー利用】

借り入れを行なう

お金が入っている貯金箱

どの様に金利を選択するか

マンションをにしろ、戸建てにしろ住宅を即金で購入できる人は少ないと思います。 そこで、ある程度の貯金を頭金として使いながら住宅ローンを借り入れて住宅を購入することになります。 金融機関から資金を借りますが、利率を設定することで自らの手取りを増やすことをしています。 借りる我々からすれば、金利は低い方が払う総額が小さくなるので、できるだけ借入時に小さくする努力が必要です。 住宅ローンを借りる際は、一般的に金融機関が設定している金利があり、そこからいかに優遇金利を引き出せるかがポイントです。 例えば、建築会社が住宅ローンの相談をあらかじめ金融機関にしてくれたりすると、借入時に店頭分からー0.4%など住宅ローンを優遇してくれることがあります。

35年固定の住宅ローン

住宅ローンの借入期間は、ある程度自由に決めることができ、また金利についても変動金利と固定金利があります。 経済状況に応じて、金利は変動しますが、長期間で借り入れるものになりますので、できるだけ総支払額を小さくしつつ、また世間の経済状況の影響を受けないようにしておくことが将来的にも安心です。 金融機関によっては、全期間の金利を一定にしてしまう住宅ローンを販売していて、現在のように借入時に低い金利で借り入れられるときは、できるだけ長期にしておいた方が返済額が確定できるので、安心です。 変動で返済額を小さくして、極力繰り上げ返済をすることも考えられますが、長期期間とは言え、低く固定できているときは、全期間固定も有用です。


このエントリーをはてなブックマークに追加