住宅を手放す

頭を抱える男性

住宅ローンの滞納は早めに対処

住宅ローンの滞納には人それぞれに事情があるでしょう。引き落とし口座にお金を入れ忘れたといったようなケアレスミスではなく、お金が足りなくて滞納するに至った場合は放置するのではなくなるべく早く対処することが肝心です。放置し続けると競売にかけられてしまい、周りの住人にも知られてしまいます。住宅ローンの支払いが間に合わないとなった時は早めに金融機関に相談をして返済計画を立て直すことから考えましょう。また、どうしても今後の返済は無理そうだと判断した場合は売却をして残りのローン返済にあてることが望ましいのですが、生活を立て直すお金を残したい場合はブラックリストに登録されますが弁護士や司法書士といった専門家と任意売却を行うことができます。

それぞれの方法と特徴

住宅ローンが支払えず滞納してしまった場合、手元にまったくお金が無いというような状況ですと一般売却では生活を立て直すことは難しいこともあるでしょう。家を手放しても手元にまとまったお金を残して新生活のための資金としたいという時は任意売却を検討してみましょう。任意売却は競売と違って一般的な市場価格の中で売却できるため競売よりも得られる現金は多くなります。また、住宅ローンの残高にすべてあてなくても良いことになっているため、手元にまとまった現金を残すことができるのです。滞納は放っておくと最終的には強制的に競売にかけられてしまい、そうなると一般に公開されてしまいます。早めにきちんと対処しておくことが大切なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加